橋下徹氏、TBS「グッとラック!」の報道に疑問…「この番組も安倍さんのこと嫌いなのかな?反安倍政権?」

橋下徹氏
橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が10日、TBS系情報番組「グッとラック!」(月~金曜・前8時)にスペシャルコメンテーターとしてスタジオ生出演した。

 番組では、新型コロナウイルスの急拡大を特集した。その中で政府と自治体のお盆での帰省についての方針が一致していないことを伝えた。東京都の小池百合子知事は「旅行、帰省、夜間の外食はお控えいただきたい」と述べ、沖縄県医師会も帰省自粛を求めた。一方で神奈川県の黒岩祐治知事、大阪府の吉村洋文知事は、帰省の自粛を求めない方針を掲げたことを伝えた。

 また、安倍晋三首相が9日の会見で「政府としては規制について一律の自粛を求めるものではありませんが」と述べ、帰省への方針に政府、各自治体の間でばらつきがあることを報じていた。

 スタジオで橋下氏は、この報道に「この番組もやっぱり安倍さんのこと嫌いなのかな?反安倍政権?」と国山ハセンアナウンサーに尋ねた。

 国山アナは「いえいえいそんなことないです」と返すと、橋下氏は「いや、だって、さっき小池さんの方が帰省自粛で安倍さんの方が自粛しないみたいな自粛を求めない。違いますよ、あれひとつ前に文言が必要で、安倍さんは、一律自粛を求めないって言っているわけだから。だから小池さんの自粛と一律自粛を求めないというのは全然対立していない」と示した。

 その上で「安倍さんは国全体としての一律の自粛はやらない、と。それを地方、地方で考えてくださいということだから全然矛盾しないんだけど」とし、「いかにも、ああやって対立構造にするのね」と疑問を投げかけた。

 その上で政府に「メッセージが足りないところは、それは全部地方に任せるってはっきり言わないから、みんな国民が迷ってしまう。これは全部知事の判断に任せると、安倍さんが一言号令をかければ、国民は自分の地元の知事とか帰省先の知事の意見を見るようになるんで、政府にこれは知事に任せるんだ、知事の意見に従ってくれっていうメッセージは必要だと思います」と提言していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請