【西武】本田圭佑が6回途中2失点の粘投も1点及ばず、今季4敗目

西武先発の本田圭佑
西武先発の本田圭佑

◆パ・リーグ 日本ハム2―1西武(9日・札幌ドーム)

 今季未勝利の西武・本田圭佑投手(27)が先発し、6回途中を6安打2失点で今季4敗目を喫した。

 外崎の先制ソロで援護をもらった直後の初回、連打で2死一、二塁となり、大田に中前の適時打を浴びて同点。1―1の均衡を守りたかったが、3回1死二塁で、中田に決勝打となる左前打を許し、「調子自体は正直に言って良くなかったです」と肩を落とした。

 だが、4回以降は無安打無失点に抑える粘投で試合のリズムをつくった。今季5度目の登板で、またも初白星はお預けとなったが「何とか最少失点で乗り切れた。そこからはテンポよく投げることができたと思う」と前向きに振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請