【巨人】大竹寛が8回に登板 1死二塁のピンチを背負うも高橋、福田を連続三振で無失点

8回、無失点に切り抜けた大竹寛
8回、無失点に切り抜けた大竹寛

◆JERAセ・リーグ 中日―巨人(9日・ナゴヤD)

 巨人の大竹寛投手(37)が2―2の8回に登板。1イニングを1安打無失点で後ろにバトンをつないだ。

 先頭の阿部の打球は高いバウンドで跳ね、大竹が自ら捕球。一塁へ送球するもセーフとなり、先頭打者の出塁を許した。続くビシエドの二ゴロで1死二塁となったが、高橋、福田を続けて三振に打ち取り、8試合連続の無失点とした。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請