馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  菊花賞・G1 富士S・G2
全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 新潟

【レパードS】ケンシンコウが2馬身半差でレコードV 丸山「終わってみれば強かった」

鮮やかに逃げ切ってレパードSを制したケンシンコウ(右)(カメラ・池内 雅彦)
鮮やかに逃げ切ってレパードSを制したケンシンコウ(右)(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第12回レパードS・G3(8月9日、新潟・ダート1800メートル、不良)

 3歳限定の重賞は15頭立てで争われ、7番人気のケンシンコウ(牡、美浦・小西一男厩舎、父パイロ)が丸山元気騎手を背に、強気にハナを奪うと、そのまま逃げ切り、重賞初制覇を決めた。勝ち時計は、従来の数字を0秒3更新する1分49秒2のレコードだった。

 2馬身半差の2着は、2番人気のミヤジコクオウ(和田竜二騎手)が続き、5番人気のブランクチェック(戸崎圭太騎手)が3着に入った。

 丸山元気騎手(ケンシンコウ=1着)「終わってみれば強かったです。位置取りは気にしていなくて、リズム良く運ぶことを心がけました。逃げたくはなかったのですが、抑えきれなかったもので。それでもハナでリラックスして走ってくれました。直線に入って手前を変えなかったり、遊んだりしたのですが、余力はありました。最近、落ち着いてレースに臨めているのはいい傾向です。気性面で成長があれば、もっともっと良くなります。大きいところを狙えると思います」

 小西一男調教師(同)「内枠を生かして、うまくハナに行きましたね。スタートしてみないと分からないものです。ハナに行ったことで落ち着いて、ロスなく回ってくることができました。馬場が軽かったのも良かったと思います。この距離で重賞を勝つことができて良かったです。今後については、ひと息入れてから考えたいです。ここまで思った以上の結果を残してくれています。これからは古馬と戦っていくことになりますが、秋が楽しみです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請