J2徳島で2人目の陽性反応 感染経路不明、濃厚接触者なし「大変申し訳なく思っています」

Jリーグ公式球の「TSUBASA」
Jリーグ公式球の「TSUBASA」

 J2徳島は9日、FW押谷祐樹が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したことを発表した。チーム内での陽性判定はMF藤原志龍に続いて2人目。

 押谷は8月6日に発表された藤原の陽性反応を受け、クラブ独自のPCR検査を受検したが、7日に再検査に。8日に自宅待機していた際に発熱の症状を訴え、再検査の結果、陽性判定を受けた。今後は管轄保健所の指導のもと経過観察を行っていく。

 感染経路は不明。直近2週間の行動履歴に、練習以外で自治体等から発せられる懸念先への行動はなかった。クラブ内に濃厚接触者はいない。押谷はクラブを通じて「たくさんの方々にご迷惑をかけ、また徳島県民の皆さまにも大変申し訳なく思っています。今回、陽性判定を受けたのは私個人となりますので、私の家族にはご配慮をいただきますようよろしくお願いします。一日も早く治して、ピッチで元気な姿を見せられるよう治療して参ります」とコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請