【広島】大瀬良大地、出し切ったあ~4勝目「元気な姿見せて勝ちをもたらしたかった」

広島先発の大瀬良大地
広島先発の大瀬良大地

◆JERAセ・リーグ 広島2―1阪神(8日・マツダ)

 コンディション不良から復帰した広島・大瀬良大地投手(29)が、7回1失点で4勝目を挙げた。「なんとか元気な姿を見せて、チームに勝ちをもたらしたかったので一生懸命投げました。出し切ったあ~」と安どした表情を見せた。

 1点リードの2回、先頭の大山に144キロの直球を仕留められ、同点アーチを被弾。気持ちを切り替え、低めの投球を心がけた。直球だけに頼りすぎず、カットボールやシュートの変化球で打者を翻弄し、リズムを乱さなかった。

 7回、1死満塁のピンチでは、代打・福留を二併殺打に抑え、勝ち越しを許さず。ガッツポーズを見せ「思うものをたくさん背負ってマウンドに上がっていた。普段は見せないガッツポーズでみんなが何かを感じてくれればいい」と振り返った。

 チームは2連勝をマークし、0勝6敗だった1点差ゲームも7戦目にしてついに白星。佐々岡監督は「(7回は)0で粘り強く、本当に丁寧に投げてくれた。1点差で勝てたことが今季なかったのでよかった」とエースに感謝した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請