【オリックス】9日先発のA・アルバースが、下位打線封じ宣言「走者出すと上位にまわる」

9日の先発に向けてキャッチボールをこなすオリックス・アルバース
9日の先発に向けてキャッチボールをこなすオリックス・アルバース

 9日のロッテ戦(京セラドーム)に先発するオリックスのアンドリュー・アルバース投手(34)が、下位打線封じで3勝目を狙う。

 今季2度目の対戦となる相手に「皆、好調だが特に3、4、5番を注意しないといけないと思っている」と今カードではマーティン、安田、井上が据わるクリーンアップを警戒。しかし、本当のポイントは続けた言葉にあった。「それと、下位打線だ。走者を出すと上位にまわってきてしまうので、下位打線をしっかり抑えないといけない」と勝利へのカギを明かした。

 7月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来、中11日の先発になるが「全体的にキレを出したいなと思い、いつも通りのトレーニングだが、明日はやってきたこと、キレを出せればいいなと思っている」と助っ人。「キレは戻ったのか?」と尋ねる記者に「明日分かるよ」と自信満々に言い放った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請