手越祐也「やっちまったかぁー」 ツイッターで初エッセー本について反省

手越祐也
手越祐也

 今年6月にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が7日までに自身のツイッターを更新。5日に発売した初フォトエッセー「AVALANCHE(アバランチ)」について反省の思いをつづり、誤解された点について弁明した。

 手越はツイートの最初に「【本の反省】」とタイトルをつけ、「多少変な奴と思われるとは思ってたけど、ありのままの自分を伝えて、これからの俺を見てて欲しかったんだけど、やっちまったかぁー」と記述。会見に対する厳しい反応を受け、「やっちまった」と反省した。

 「だけど、、、本当に思ったことを隠しながら生きていくのが辛いんだよね 今回の本、誰かの弱味を暴露したとかではないから、そこは訂正させて欲しい」と、芸能人の実名を挙げたエッセーの内容について批判が集中したことについて、改めて“暴露”を意図していないと弁明した。

 手越は6日に更新した自身のインスタグラムのストーリーズで、真っ黒な画面に「あー少し疲れたなぁ。俺も人間だった。たまには弱音」とコメント。連続投稿で「何やっても批判してくる人はどうでもいい。でも心から命のように大切にしてたファンがいなくなるのは耐えられない」「ごめんね。もうこの先2度と弱音は吐かないから!!」と記していた。

 会見で手越は、著書で過去の女性スキャンダルを実名で公表した理由や、日本の農業と食文化を伝える「手越村」の構想などを語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請