月船さららがドS舞台演出家、市川知宏が過激な稽古に耐える役者で映画ダブル主演

狂気の演出家を演じた月船さららと、調教を受ける俳優役の市川知宏
狂気の演出家を演じた月船さららと、調教を受ける俳優役の市川知宏

 元宝塚歌劇月組男役で女優の月船さらら(45)、2008年に「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞した俳優の市川知宏(28)が、映画「完全なる飼育 etude」(11月27日公開、加藤卓哉監督)で、ダブル主演することが6日、分かった。月船はドS舞台演出家、映画初主演の市川は過激な稽古に耐える役者を演じる。

 1999年の第1作目以来、濡(ぬ)れ場も話題になることが多い「完全なる飼育」シリーズ9作目となる今作は、オール台湾ロケで行われた。とことん追い込む演出スタイルで俳優から敬遠されている女性演出家・小泉彩乃(月船)が、大根役者の篠田蒼(市川)を厳しい稽古で調教していくが、いつしか2人の関係が逆転していく。

 市川に平手打ちも行った月船は、「この物語は『舞台』のお話です。その『舞台』こそ、私が10代の頃から人生を賭けてきた世界でした。演じることにプレッシャーも感じました。愛情や情熱が深くなるほど、それは歪み、いつか狂気に変貌するのかも知れません。自分がいつそうならないとも言えない。でも彩乃の狂気に、私はどこか神聖さすら感んじていたのです」とコメントした。

 今作にかける思いが強かったという市川は、「過去に何作と作られてきた『完全なる飼育』シリーズに参加することができ、とても光栄です。今回は孤独と赦(ゆる)しがテーマになっています。その2つに着目して観て頂きたいと思います。そして今回の作品はオール台湾ロケということもあり物語の中心となる劇場や街並み、海など全てが幻想的ですてきな場所になっています」と見所を伝えた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請