【巨人】原監督、球史に残るビックリ采配!野手の増田大輝を投手で起用「最善策ですね」

スポーツ報知
8回途中、緊急登板のマウンドに上がった増田大輝

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神11―0巨人(6日・甲子園)

 巨人の原監督が球史に残るビックリ采配でファンを沸かせた。

 0―4の8回から登板した堀岡が中谷の満塁本塁打でこの回7失点目を喫して0―11となると、交代を決断。内野手の増田大輝を投手としてマウンドに送った。

 もちろんプロ初登板。最速138キロの直球とスライダーを混ぜながら近本を二ゴロ、江越は際どい判定の四球、大山を右飛に打ち取り、計13球で2死を取って役目を果たした。

 原監督は「チーム最善策ですね。あそこのね。まあやっぱり6連戦という連戦、連戦、連戦のなかでね。あそこをフォローアップする投手というのはいないですね。それはだって、一つの作戦だからね。あそこで堀岡を投げさせることの方がはるかに失礼なことであってね」と説明した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請