【阪神】高橋遥人、7回ゼロ封11Kで今季初白星 打線は青空ミーティング効果?で11得点

8回1死満塁、代打・中谷将大は満塁本塁打を放つナインに迎えられる
8回1死満塁、代打・中谷将大は満塁本塁打を放つナインに迎えられる
8回無死一、二塁、ボーアが適時二塁打を放ち、ベンチに向かいファイアボール
8回無死一、二塁、ボーアが適時二塁打を放ち、ベンチに向かいファイアボール

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神11―0巨人(6日・甲子園)

 阪神は投打がかみ合い、3タテを阻止した。立役者は今季初登板初先発した高橋遥人投手(24)だ。7回3安打無失点で勝ち投手に。2回2死から圧巻の5者連続三振を奪い、5回1死一、三塁のピンチでは若林を低めチェンジアップ、代打の陽岱鋼は高め直球でバットに空を切らせ、マウンド上でほえた。140キロ後半の切れ味抜群の直球を武器に自己最多11奪三振の快投を見せ、今季39試合目でチーム初の完封リレーにつなげた。

 攻撃陣はこれまで苦戦してきたメルセデスを攻略した。4回1死二、三塁から植田海内野手(24)が右中間への2点二塁打。「食らいついて打ちました。良いところで打つことができて良かったです」。今季初打点を挙げる一打をきっかけに、相手左腕をマウンドから降ろした。4点リードの8回には中谷のプロ初となる満塁本塁打などで7得点のビッグイニングを作った。

 練習前には右翼付近の外野芝生上で野手陣が青空ミーティングを開いた。清水ヘッドコーチ、井上打撃コーチが熱く語りかけ、サンズら助っ人勢も耳を傾けていた。7月28日のヤクルト戦(神宮)で18安打20得点と猛爆してから、打線は1、0、3、3、3、2、1と得点力不足にあえいでいたが、ようやくうっぷんを晴らした。

8回1死満塁、代打・中谷将大は満塁本塁打を放つナインに迎えられる
8回無死一、二塁、ボーアが適時二塁打を放ち、ベンチに向かいファイアボール
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請