【楽天】1か月ぶり先発の松井が5回3失点で初勝利ならず「良かったところもありました」

1か月ぶり先発の松井が5回3失点で初勝利ならず「良かったところもありました」
1か月ぶり先発の松井が5回3失点で初勝利ならず「良かったところもありました」

◆パ・リーグ 楽天―ソフトバンク(6日、楽天生命パーク)

 6月27日の日本ハム戦(楽天生命)以来、約1か月ぶりに先発した楽天・松井裕樹投手(24)が、5回で89球を投げて8安打3失点で降板し、今季初白星を逃した。3三振、3四球で、最速は146キロだった。

 2回までは無失点と安定した投球を見せて、上々の立ち上がりだった松井。だが、1点リードの3回に2死一、二塁で柳田に右前適時打を浴びて同点に追いつかれた。さらに同点の4回に明石に中前適時打を浴びて勝ち越しを許すと、1死一、三塁で甲斐にセーフティースクイズを決められてリードを2点に広げられた。

 降板した松井は「良かったところもありましたし、反省するところもありました。フィールディング含め、もったいないところもありました。そういうところをしっかり修正したいと思います」とコメントした。

 昨年まで抑えを務めていた松井は今季、先発に再転向。開幕ローテ入りを果たしたが2試合に登板して防御率5・19と結果を残せずに2軍に降格していた。イースタンでは3試合に登板。7月28日のDeNA戦(横須賀)では7回120球を投げて1安打2失点で15三振を奪う好投を見せて、1軍の切符をつかみ取っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請