馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

9日に23歳の菜七子、デビュー5年目・新潟で初バースデー騎乗「勝てたらうれしいですね」

23歳のバースデーとなる9日は3鞍に騎乗する藤田菜七子
23歳のバースデーとなる9日は3鞍に騎乗する藤田菜七子

 レパードS(9日、新潟)、エルムS(同、札幌)のダート2重賞の出走馬が6日、確定した。21年ぶりにJRAの違う2競馬場で同日にダート重賞が行われる8月9日は、藤田菜七子騎手にとっては23回目の誕生日。デビュー5年目で初めて実現するバースデー騎乗3鞍で記念日Vとなるか。

 23回目の誕生日となる9日の日曜は新潟で3鞍に騎乗する菜七子。バースデー騎乗は16年に騎手デビューして以来、5年目で初めてになる。

 ジョッキーとして初めて迎える誕生日のレース開催。「誕生日だからといって大きな意識はしていませんでしたが、これまで乗ることがなかったし、勝てたらうれしいですね」。17年に船橋で誕生日前日のレース経験はあるが、当日はない。小さな頃から大好きな馬にまたがって、レースをして迎えるメモリアルデー。自然と勝利を求める気持ちがわいた。

 3鞍の騎乗だが、9Rのトーホウレジーナと12Rのアルピニズムは前走コンビを組んで勝利に導いた。特にトーホウレジーナは直線1000メートルで上がり3ハロン最速の32秒5をマークして、2着に3馬身半差をつける快勝だった。「前回は強い競馬で、時計も速かったですね」と、昇級初戦も期待十分だ。

 自らは馬と歩んできたが、周囲の友人は大学を卒業する年齢に。「友だちを見ていると、もっとしっかりしないといけないなと、その思いを強くしました」。男ばかりの社会で強くあろうと戦ってきた。プロの馬乗りとして、結果を求めたい。覚悟を決めて、23歳初日を自ら勝利で祝う。(恩田 諭)

ミシェルらと「ぜひ一緒に」 ○…5日にJRAが女性騎手の短期免許取得を大幅に緩和する新基準を発表。それを受けて菜七子は「男性、女性は関係ないですが、いろいろな人と接して、たくさんのことを学んで吸収したいので、チャンスがあれば、ぜひ一緒に乗りたいですね」と話した。ミカエル・ミシェル騎手(25)=フランス=や、尊敬するリサ・オールプレス騎手(45)=ニュージーランド=とも、早ければ今秋にも、昨夏のワールドオールスタージョッキーズ以来の再戦の可能性がある。

藤田菜七子・今週の騎乗馬

【8日・新潟】

2Rトミケンリフリーク

3Rルーラーザクイーン

5Rホットポッド

9Rエコロテッチャン

12Rラブロッソー

【9日・新潟】

7Rコールザチューン

9Rトーホウレジーナ

12Rアルピニズム

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請