【巨人】先発のメルセデスが4回途中4安打3失点で降板 巨人打線は4回までノーヒット

4回1死一塁、木浪聖也の投内野安打に反応するメルセデス
4回1死一塁、木浪聖也の投内野安打に反応するメルセデス

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―甲子園(6日・甲子園)

 先発のC・C・メルセデス投手(26)は4回途中まで投げ、4安打3四球3奪三振で3失点だった。3回に1点を先制され、4回1死から四球で走者を背負い、木浪、植田に連打を浴び、さらに2点を失った。2死二塁からマウンドに上がった2番手の沼田も陽川に中前適時打を許し、4点目を与えた。

 打線は4回まで、阪神先発の高橋の前に無安打と沈黙。5回表を終え、0―4と巨人が追う展開となっている。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請