【オリックス】8試合ぶりの先制点 対ロッテ開幕8連敗阻止へ好発進

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(6日・京セラドーム)

 オリックスが8試合ぶりとなる先制点を挙げた。

 3回、先頭の福田が右中間を破る三塁打で出塁。18年5月1日の西武戦以来、今季初めて2番に入った吉田正の二ゴロの間に福田がホームを踏んだ。

 7月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)から7試合連続で先制を許しており、8試合ぶりに主導権を握った。ロッテには開幕から1分けを挟み、大毎時代の1961年以来59年ぶりの7連敗中。連敗阻止、今季カード初勝利へ、まずは勢いをつけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請