【阪神】青柳晃洋、7日に今季広島戦初先発「中継ぎ陣に負担をかけないように」

キャッチボールを行う青柳晃洋
キャッチボールを行う青柳晃洋

 阪神・青柳晃洋投手(26)が、7日の広島戦(マツダ)に先発する。

 6日は甲子園で最終調整。ここまでチーム最多の4勝を挙げている変則右腕は「9連戦中ですし、先発として長いイニングを投げ切って、中継ぎ陣にも負担を掛けないように頑張ります」と力を込めた。

 広島相手には今季初先発。昨季は7月6日(甲子園)の1試合のみで、4回途中7安打3失点と打ち込まれた。だが今季はシンカーとカットボールを覚えて成長。左打者の被打率は昨季の3割3分2厘から今季は1割8分まで改善している。西川ら左の好打者からも凡打の山を築き上げる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請