式秀部屋、力士集団脱走…のち和解 相撲協会が仲裁

両国国技館
両国国技館

 大相撲の式秀部屋(茨城・龍ケ崎市)で、女将(おかみ)の過度な私生活監視や指導に耐えきれず、4日に複数力士が集団脱走したことが5日、分かった。日本相撲協会がこの日、仲裁に入り、力士は説得に応じて部屋に戻った。

 関係者によると、師匠・式秀親方(元幕内・北桜)は体調を崩しており、最近は弟子への満足な指導ができていなかった。師匠不在の間、力士らの配達物をチェックするなど女将の行動がエスカレート。当該力士は4日に協会が設置している通報窓口に連絡していた。当日は協会が用意した都内の宿泊施設で過ごし、5日に事情聴取を受けていた。

 脱走したある力士は周囲に、今後の式秀部屋での生活に対する不安を口にする一方で、「相撲への情熱はあるので、これからも相撲は取っていきたい」と打ち明けていた。窮状を知った協会側も「稽古に集中できる環境を整える。何かあればまた(協会に)言いに来てほしい」と約束した。

 この日は弟子と面会しなかったものの、式秀親方と女将も都内を訪れて、協会に今後の指導方針とともに事情説明をしたとみられる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請