【日本ハム】借金完済のチャンス逃し5位に後退 栗山英樹監督「考えなきゃいけないところが多い」

2回1死二塁、横尾俊建の中前適時打で生還した大田泰示(手前)を迎える栗山英樹監督
2回1死二塁、横尾俊建の中前適時打で生還した大田泰示(手前)を迎える栗山英樹監督

◆日本ハム2―7西武(5日・札幌ドーム)

 日本ハムは西武に逆転負けした。借金は2に増え、5位に後退した。

 先発のマルティネスが5回までは2安打と好投した。だが、6回にスパンジェンバーグ、山川に2本の2ランを浴びて逆転され降板した。

 打線は2回に横尾の適時打で先手を取った。だが3、4、5回は好機であと1本が出ないまま、マルティネスが崩れ逆転された。直後の6回裏には、1死満塁から代打・谷口の一塁内野安打で1点を返した。なおも満塁のチャンスで4番手・平良の前に、西川、松本が連続三振に倒れ、追撃の芽を摘み取られた。

 11安打で好機を作りながらも、10残塁の拙攻。栗山監督は「(安打が)全然出ないよりはいいけど。良かった部分もあるけど、考えなきゃいけないところが多いような感じ」。状態が上がり始めた打線を生かす方法を模索し、上位進出のチャンスをうかがう。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請