【ヤクルト】プロ初先発の大西広樹が5回2失点の粘投も黒星「長野さんへの1球が…」

力投する大西広樹
力投する大西広樹

 ヤクルトが今季ワーストを更新する4連敗。貯金がなくなり、DeNAに抜かれ3位に転落した。

 デビュー2戦目でプロ先発マウンドだったドラフト4位・大西広樹投手(22)は、初回に1点を失ったものの、3回無死一、二塁を投ゴロ併殺でしのぐなど粘りの投球。しかし、同点の5回1死二塁で長野に左中間へ勝ち越しの適時二塁打を浴びた。直後の1死一、二塁でも松山を遊ゴロ併殺に打ち取り、追加点は許さなかったが、その裏の攻撃で代打を送られ、5回2失点で敗戦投手となった。

 プロ初勝利を逃した大西は「立ち上がり少し制球に苦しみましたが、回を増すことに少しずつ修正することができました。長野さんへ投げた1球が悔いが残ります」とコメント。高津臣吾監督(51)は「走者を出してから併殺とか、よく粘った」と評価していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請