【楽天】涌井秀章9回1死までノーヒットノーランにSNS沸く「しびれさせてくれてありがとう」「惜しかった」

6勝目を挙げた楽天・涌井秀章(カメラ・佐々木 清勝)
6勝目を挙げた楽天・涌井秀章(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ 楽天6―0ソフトバンク(5日・楽天生命パーク)

 楽天の涌井秀章投手(34)が5日、楽天生命で行われたソフトバンク8回戦で、9回1死から代打・川島に中前安打を許し、昨年9月14日、中日・大野雄大投手以来、プロ野球史上82人目(通算93度目)のノーヒットノーランを逃した。達成すれば2005年に誕生した楽天にとっては、球団史上初の快挙となるところだったが、お預けとなった。

 7回1死までパーフェクト、その後9回1死までノーヒットの快投で6勝目を挙げた涌井。試合中には「ノーノー」を期待するプロ野球ファンで、「涌井」の名前がSNSのトレンドランキングで急上昇。快挙を期待する声に沸いた。

 あとアウト2つの所で記録達成はならなたったが、ベテランの力投に「惜しかった。涌井すごいわ」「キレッキレ」「それでも1安打完封で6連勝は素晴らしい」「しびれさせてくれてありがとう」「(楽天に)来てくれて本当にありがとう」など労いの言葉が並んだ。

 一方、昨季ロッテで3勝に終わり、オフに楽天に金銭トレードで加入した今季の涌井の活躍に「活躍してるのを見ると複雑な気持ちです」「涌井さんここまで来たらやって欲しいけど、楽天涌井秀章として名前に残るのはなんかやだな」と古巣ファンからのコメントも見られた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請