【阪神】3戦3敗の藤浪晋太郎は自らの失策を嘆く「自分のミスからの失点なんで、反省すべきところ」

ベンチで悔しそうな表情を見せる藤浪
ベンチで悔しそうな表情を見せる藤浪

 ◆JERAセ・リーグ 阪神1―4巨人(5日・甲子園)

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が8回を4安打4失点(自責は1)の好投を見せたが、打線の援護に恵まれず今季3試合目の登板で3敗目を喫した。

 勝ち運に見放されているが、3点を奪われた6回に先頭・戸郷の投ゴロを取り損ねた失策を反省。「全体的に悪くはなかったですけど、やっぱり勝てていない。ましてや自分のエラー、ミスからの失点なんで反省すべきところではある」。ここからピンチを招き、岡本、大城に適時打を許しただけに、ミスを悔やんだ。

 登板日の打線の得点は2、0、1と苦しい状況での投球が続くが「点が入らない勝てない時期はあるもんなんで。投げにくいというのはないですし、そのせいにしようとは思わない」ときっぱり言い切った。

 矢野監督は「投げるたびに自信も出てきていると思いますし、手応えを感じていると思う。(6回の岡本の打席は)2アウトで、もう1人の(初球の)入り方は工夫して欲しかったなというのはありますけど、それ以外は打者に向かっていって、晋太郎らしいボールが多かった」と高く評価していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請