【巨人】原監督、好投の阪神・藤浪に「非常に手ごわいピッチャーが戻ってきた」

3回2死二塁、先制となる中前適時打を放つ若林晃弘(投手・藤浪晋太郎、捕手・梅野隆太郎)(カメラ・竜田 卓)
3回2死二塁、先制となる中前適時打を放つ若林晃弘(投手・藤浪晋太郎、捕手・梅野隆太郎)(カメラ・竜田 卓)

◆JERAセ・リーグ 阪神1―4巨人(5日・甲子園)

 巨人は阪神に勝ち、2連勝でカード勝ち越しを決めた。巨人打線は阪神先発の藤浪晋太郎投手(26)に4安打1四球に抑えられたが、エラーを絡めて4点を奪った。

 藤浪について原辰徳監督(62)は「安定感がありましたね。数少ないチャンス、それを…。2回しかなかったんじゃないでしょうかね、それをうちのバッター人が点を取ってくれたという点において、非常に手ごわいピッチャーが戻ってきたなという感じがしますね」と話していた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請