【巨人】戸郷翔征、8回途中1失点で中継ぎ陣に託す…打席では6回追加点のきっかけ作る

6回2死一、三塁、岡本和真の2点二塁打で、笑顔を見せながら生還した戸郷翔征(カメラ・橋口 真)
6回2死一、三塁、岡本和真の2点二塁打で、笑顔を見せながら生還した戸郷翔征(カメラ・橋口 真)

◆JERAセ・リーグ 阪神―巨人(5日・甲子園)

 巨人先発の戸郷翔征投手(20)は、7回0/3を4安打2四球1失点と好投し、2番手の高梨雄平投手(28)にマウンドを託した。

 戸郷は初回先頭打者の近本に右前安打を許したが後続を断つと、8回に降板するまで10三振を奪った。

 また打席では6回先頭打者として投ゴロ失策で出塁し、この回3点のきっかけを作った。

試合速報

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請