【巨人】6回に藤浪エラーから3点!岡本和真が2点二塁打&大城卓三の適時打で4点リードに

6回2死一、三塁、右翼線へ適時二塁打を放つ岡本和真(投手・藤浪晋太郎、捕手・梅野隆太郎)(カメラ・竜田 卓)
6回2死一、三塁、右翼線へ適時二塁打を放つ岡本和真(投手・藤浪晋太郎、捕手・梅野隆太郎)(カメラ・竜田 卓)

◆JERAセ・リーグ 阪神―巨人(5日・甲子園)

 巨人は1点リードの6回に岡本和真内野手(24)の2点二塁打と大城卓三捕手(27)の適時打で2点を加えて4点差とした。

 この回先頭の戸郷翔征投手(20)が阪神先発・藤浪晋太郎投手(26)のエラーで出塁。1死一塁で坂本勇人内野手(31)の右前安打で一、二塁とした。そして2死一、三塁で岡本が右翼ポール際への右線二塁打を放って2点を入れた。

 さらに2死二塁で大城が左前タイムリーを打って、リードを4点に広げた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請