藤井聡太棋聖が史上最年少2冠&八段昇段に王手!木村一基王位に開幕3連勝

封じ手を着手する木村一基王位(中央)(日本将棋連盟提供)
封じ手を着手する木村一基王位(中央)(日本将棋連盟提供)

 将棋の第61期王位戦7番勝負の第3局2日目が5日、神戸市有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で指され、先手の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を下し、開幕から3連勝。藤井棋聖は史上最年少の2冠と、規定による史上最年少の八段昇段に王手をかけた。

 対局は前日に木村王位が封じた「△2三歩」から再開され、木村王位の守りを、藤井棋聖が攻め崩す展開。じっくりとした流れだったが、木村王位が1時間4分の長考で指した手から形勢を損ねると、藤井棋聖が一気に勝機をつかみ、押し切った。

 なお、この日の勝負めしは、藤井棋聖が「肉うどん膳」、木村王位が「玉子とじそば膳(少な目)」だった。

 第4局は19、20日の両日、福岡県福岡市の「大濠公園能楽堂」で。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請