【オリックス】6日先発の山崎福也が先発ローテ死守誓う「1シーズン乗り切りたい」

 6日のロッテ戦(京セラドーム)に先発する山崎福也投手(27)が、シーズン最後まで先発ローテーションを守ることを誓った。

 今季は開幕ローテこそ逃したが、7月2日の西武戦(メットライフドーム)で初先発。その後はここまで約1か月間、先発マウンドを守ってきた。「先発に入ってこれだけまわるのは、プロに入って初めて。充実しています」。6年目の左腕は手応えをにじませつつ、「まだ1か月くらいなので、できれば1シーズンを乗り切りたい気持ちはあります」と言葉に力を込めた。

 そのためにも、結果を出すことが必要だ。前回、7月30日の日本ハム戦(札幌ドーム)では3回1/3を7失点で降板。ここまで1勝にとどまっている。「(この1週間で)配球の面を自分なりに改善しようとやってきたし、投球フォームにも少し問題があったので修正しました。多少、開きが早かったイメージです」と2勝目に向けて万全の調整を進めてきた。「まずは打たせて取るのが、自分のスタイルだと思っています。緩急と、変化球を使って、そこをうまくやっていきたい」と3試合ぶりの勝利へ意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請