【阪神】北條史也、熊谷敬宥が早出特守 12球団ワーストの29失策

早出特守に臨んだ阪神・北條史也(甲子園球場で)
早出特守に臨んだ阪神・北條史也(甲子園球場で)

◆JERAセ・リーグ 阪神―巨人(5日・甲子園)

 阪神・北條史也内野手(26)、熊谷敬宥内野手(24)が5日、試合前練習で早出特守を行った。清水ヘッド、久慈、藤本内野守備走塁コーチが3人体制で見守る中、一塁ベンチ前で緩いノックを受けるなど、基本動作を繰り返した。

 前日(4日)の巨人戦の8回には無死一、二塁から坂本の投ゴロを二塁に投げた馬場が野選と悪送球。二塁走者の増田大の生還を許すと、なおも1死二、三塁では遊撃・木浪が重信のゴロにチャージしたが、ファンブルし、追加点を許した。

 北條は7月30日のヤクルト戦(神宮)の7回にファンブルと落球の2失策で力投していた藤浪を助けられなかった。熊谷も同31日のDeNA戦(甲子園)の延長10回に痛恨の失策。失点にはつながらなかったが、手痛いミスだった。

 チームは現在、リーグワーストの29失策。矢野監督は「「今シーズンもエラーで負けている。これはチーム全体の課題なんだけど、これで良いわけはないんでね。しっかり見つめてやっていきます」と話していた。

 ◇セ・リーグの失策数(4日現在)

 29 阪神

 21 中日

 21 広島

 17 ヤクルト

 17 DeNA

  8 巨人

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請