小沢一郎氏、臨時国会開かない安倍首相を批判「国民の苦境を理解していない」

小沢一郎衆院議員
小沢一郎衆院議員

 国民民主党の小沢一郎衆院議員(78)が5日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染再拡大、補償問題など課題山積みの中、臨時国会を開かない安倍晋三首相(65)を批判した。

 この日、安倍首相が臨時国会の召集は「課題整理のうえで与党と相談」と述べたという記事を貼り付けた小沢氏。

 「この半年間、明白な課題が山積なのに『これから課題を整理して更に相談して検討』と、無意味な時間稼ぎに全力の総理」とつづると、「端から国会を開くつもりなんてない。国民の批判をかわすためのくだらない演技。国民はすぐに忘れると。苦境を理解していないからこそ、忘れると思っている」と続けた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請