フィギュアGPシリーズ変則開催 自国と拠点の選手中心…1選手1試合か

昨季GPファイナルの男子フリーで演技する羽生結弦
昨季GPファイナルの男子フリーで演技する羽生結弦
今季GPシリーズの日程
今季GPシリーズの日程

 国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアスケートで2022年北京五輪プレシーズンとなる今季のグランプリ(GP)シリーズ6大会を制限付きで開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で各国に渡航制限と隔離措置が出ていることから通常開催は難しく、開催国の選手と開催国に練習拠点を置く選手を中心に行う。

 シーズンの本格開幕を告げるGPシリーズは10月の第1戦スケートアメリカ(23~25日、ラスベガス)、第2戦スケートカナダ(10月30日~11月1日、オタワ)、第3戦中国杯(11月6~8日、重慶)、第4戦フランス杯(11月13~15日、グルノーブル)、第5戦ロシア杯(11月20~22日、モスクワ)、第6戦NHK杯(11月27~29日、大阪)が予定されている。

 ISUは開催6か国と意見交換を行ってきた。GPファイナルが北京五輪プレ大会に位置づけられていることが、今回の決定に大きく影響した。通常は2試合の順位によるポイント換算で上位6人、6組のGPファイナル進出者が決まるが、制限を設けたことで1選手1試合になる可能性が高い。2か月半後に迫るシリーズ開幕に向け、GPファイナル進出条件を含めた大会方式を早急に詰めていくことになる。また、世界的に感染拡大が止まらないことから12月に予定されているGPファイナルが年明けにずれ込む可能があるという。

 ISUは4月時点で、GPシリーズ6戦の開催可否の判断は各大会の12週間前を期限とすることを決めたが、その後も新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は続き、例年6月までに行われていた各大会の出場選手発表が先送りになっていた。7月にはジュニアGPシリーズの全大会中止が決定していた。

昨季GPファイナルの男子フリーで演技する羽生結弦
今季GPシリーズの日程
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請