【阪神】サンズ弾の不敗神話ストップ「しっかり仕留めることができた」ナインのコメント集

6回1死二塁、サンズが左越え2ラン本塁打を放つ
6回1死二塁、サンズが左越え2ラン本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 阪神2―7巨人(4日・甲子園)

 阪神が巨人に勝負どころで突き放され、今季の伝統の一戦は1勝4敗となった。

 3点ビハインドの6回1死二塁ではサンズが菅野のスライダーをジャストミート。左翼席に7号2ランを運んだが、その後は守備のミスも出て大敗。S砲が本塁打を放った試合は5勝1分だったが、不敗神話も止まった。以下は主な選手のコメント集。

 阪神・サンズ(6回に7号2ラン)「いい投手だけど、あのボールは甘く来た。しっかり仕留めることができた。走者がいる時は色々なことを想定して、打席に入ることができている」

 阪神・小川(9回に5番手で登板。先頭・増田大に右前安打を許したが、後続を抑え、自身3試合ぶりの無失点)「最近の試合ではゼロで抑えることができていなかったので、良かった。続けていきたいです」

 阪神・望月(2番手でマウンドに上がり、6回からの2イニングを完全投球)「任されたところで自分の仕事をするだけですし、次回も継続して抑えることができるように、しっかり準備していきたい」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請