【オリックス】伏見寅威、代打で1点差に迫る2点適時打「抜けてくれて良かった」

7回1死満塁、代打・伏見寅威は中前への2点適時打を放つ
7回1死満塁、代打・伏見寅威は中前への2点適時打を放つ

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(4日・京セラドーム大阪)

 オリックスの伏見寅威捕手(30)が、代打で貴重な一打を放った。

 4点を追う7回。安達の適時打で1点を返し、なお1死満塁の好機に代打で登場。粘って松永の8球目を中前にはじき返し、2点適時打とした。

 伏見は「打ったのは真っすぐです。チャンスでしたし、当てに行くことだけはしないように、自分のスイングをしてなんとか次の正尚に回そうと、それだけです。抜けてくれてよかったです」とコメント。終盤で1点差に迫り、逆転の望みをつなげた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請