【阪神】終盤の守備崩壊でリーグワースト29失策 借金生活転落で首位・巨人と6差

選手交代を告げベンチに戻る矢野燿大監督
選手交代を告げベンチに戻る矢野燿大監督
8回1死二、三塁、重信慎之介の遊ゴロを失策した木浪聖也(カメラ・橋口 真)
8回1死二、三塁、重信慎之介の遊ゴロを失策した木浪聖也(カメラ・橋口 真)

◆JERAセ・リーグ 阪神2―7巨人(4日・甲子園)

 阪神が巨人に力負けし、借金生活に転落した。

 今季7試合目の先発となったガルシアが初回2死から坂本にバックスクリーンへのソロ本塁打を浴びると、3回にも北村に中越えソロを許した。5回2死一、二塁でも丸にタイムリーを浴び、5回3失点で降板。またしても初勝利を逃した。

 6回1死二塁ではサンズが巨人・菅野から7号2ランを放ったものの、得点はこの本塁打のみ。8回の守備では無死一、二塁から坂本の投ゴロを二塁に投げた馬場が野選と悪送球。二塁走者の増田大の生還を許すと、なおも1死二、三塁では遊撃・木浪が重信のゴロをファンブルし、追加点を許した。

 この2つのエラーを加え、阪神はリーグワーストの29失策。馬場をリリーフした伊藤和も大城に2点適時打を許し、このイニング計4失点で5点ビハインドとなった。

 チームは6月30日の中日戦(ナゴヤD)以来、10カードぶりの初戦黒星で首位・巨人とのゲーム差が6に開いた。矢野監督は「巨人が走っているんでね。クライマックスシリーズも何もないんで、優勝しか日本シリーズにいけない。巨人をどう倒すかは大事なところになる」と話していたが、痛すぎる敗戦となった。

 ◇セ・リーグの失策数

 29 阪神

 21 中日

 21 広島

 17 ヤクルト

 17 DeNA

  8 巨人

選手交代を告げベンチに戻る矢野燿大監督
8回1死二、三塁、重信慎之介の遊ゴロを失策した木浪聖也(カメラ・橋口 真)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請