【オリックス】山本由伸、6回8安打5失点で降板「反省すべきところはたくさんある」

2回1死一、二塁、藤岡裕大に追加点となる左越え適時二塁打を打たれた山本由伸
2回1死一、二塁、藤岡裕大に追加点となる左越え適時二塁打を打たれた山本由伸

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(4日・京セラドーム大阪)

 オリックスの山本由伸投手(21)が、6回8安打5失点で降板して4勝目を逃した。

 初回1死から中村奨に二塁打を打たれると、2死三塁から安田に先制の適時打を許した。2回には2四死球に2安打が絡んで3失点。さらに4回には、今季2本目となる本塁打を福田秀に許して5失点となった。

 4点のリードを許したまま、6回でマウンドを降りた山本は「今日はストライク先行のピッチングができていませんでしたし、納得のいくボールも少なかったと思います。ただ、そういった中でも、なんとか最少失点で粘っていかなければいけませんでした。反省すべきところはたくさんありますし、もっと練習から見つめ直していきたいと思います」とコメント。3試合連続で白星を逃すこととなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請