【東京六大学】慶大が小学3年生・石岡直歩君の入団式を開催 石岡君「オンリーワンの選手になりたい」

慶大野球部に入部した石岡直歩くん(左)と堀井哲也監督
慶大野球部に入部した石岡直歩くん(左)と堀井哲也監督

 東京六大学リーグの慶大は4日、小学3年生の石岡直歩(なおむ)君の入団式を開催した。背番号1のユニホームを手にした直歩君は「自分だけのオンリーワンの選手になりたい」と目を輝かせた。

 股関節の病気で、現在も断続的に補装具をつけながら日常生活を送っている。プレー経験はないが野球に関心があり、今回NPO法人「Being ALIVE Japan」のプロジェクトで入部。昨年の田村勇志君に続き3人目の入部となった。

 瀬戸西純主将(4年)は「僕たちが直歩君から勉強することもあると思う。お互い成長できるような関係性を築いていけたら」と直歩君の入団を喜んだ。

 今後はチームの一員として数週間に1回、練習参加や試合会場でのスタッフサポートなどの活動を行う。入団式を終えて「ピッチャーをやって、チェンジアップも投げてみたい。ボール磨きをして選手のお手伝いもしたいです」と笑顔で意気込んだ。(灰原 万由)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請