藤井聡太棋聖、木村一基王位に挑む将棋王位戦第3局は1日目を終える

藤井聡太棋聖(日本将棋連盟提供)
藤井聡太棋聖(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負の第3局が4日午前9時から神戸市有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で行われ、同午後6時に封じ手時刻を迎え、1日目を終えた。

 先手の藤井棋聖の誘導で矢倉の戦いとなった本局。ゆっくりとした進行になり、本格的な戦いに入る前に1日目が終了。近年の2日制タイトル戦では珍しい展開となった。

 木村王位が手番の46手目の局面で封じ手に。藤井棋聖も3局目で慣れたのか、封筒への署名など一連の所作をスムーズに行った。

 対戦成績で2勝0敗と先行する藤井棋聖は本局に勝利すると、史上最年少2冠と史上最年少八段(タイトル2期獲得による)に王手を掛ける。木村王位は流れを変える1勝目を目指す。対局は5日午前9時から指し継がれ、同日夜には終局する見込みだ。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請