石川祐希 新型コロナウイルス感染防止啓発「僕たちが今、できること」提言

新型コロナウイルス感染防止対策の啓発ポスターを手にする石川祐希(グッドオンユー提供)
新型コロナウイルス感染防止対策の啓発ポスターを手にする石川祐希(グッドオンユー提供)

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が4日、オンラインで会見を開き「これからも全力でバレーボールを楽しむために、僕たちが今、できること。」と題した全国のバレーボール選手たちに向けた新型コロナウイルス感染防止対策の啓発活動を実施することを発表した。

 イタリアで新型コロナの猛威のため、バレーボールを長期にわたりできない経験をした石川は「つらい状況だった。たくさんの人にバレーボールをしてほしいし、選手自身が自ら行動していくことも大事だと思った」と説明。バレーボールは屋内で3密(密閉、密集、密接)になりやすく、感染リスクの高い競技であることを認めつつ、「手、指は汚れている」「全員に感染リスクがある」という2つの意識と「自分のカラダを知る」など6つの切り口などを神戸大医学部付属病院の監修も受けたガイドブックと、子供たちに考えてもらって行動に移してもらうためのワークシートを作成し、特設サイトで公開(URL:https://www.goodonyou.tokyo/imadekirukoto)した。

 自らも感染防止対策を実践しているという石川は近日中にイタリアに移動する予定。「(スポーツが)動き始めている中で感染者も出ており難しいですけど、(新型コロナが)あることを前提にスポーツをするには、選手が(防止対策を)一番徹底しないといけない」と訴えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請