【ソフトバンク】30代の1軍スタッフの感染を発表 4日からの楽天戦は今後検討か

ペイペイドームで全体練習を行ったソフトバンクナイン
ペイペイドームで全体練習を行ったソフトバンクナイン

 1日に長谷川勇也外野手(35)の新型コロナウイルス感染が判明したソフトバンクは3日、新たに30代の1軍スタッフ1人の感染を発表した。2日に1、2軍の監督、選手、スタッフら約200人がPCR検査を受け、1軍の86人は陰性だったが、1人は要再検査とされ、その後、陽性判定となった。そのスタッフと業務上、接触のあった2人も自宅待機としている。今後のチーム活動についてはNPB、専門家チームなどと話し合い決める。また4日から予定されていたウエスタン・ソフトバンク3連戦(由宇)は、長谷川の濃厚接触者のリストアップが終わっていないため中止が決まった。

 1軍は4日からの楽天6連戦(楽天生命)に向け、ペイペイDで全体練習を行った後、仙台へ移動。工藤監督は「しっかり対策しても感染をしてしまう可能性はなくせないかもしれないが(感染防止の)意識は持っていないといけない。我々は健康に気を付けながらシーズンを戦いきることが最優先。明日(4日)からの試合、しっかり頑張っていきましょう」とナインに呼びかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請