藤井聡太棋聖、秀吉ゆかりの有馬温泉で王位取りへ 4日から第61期王位戦7番勝負第3局 勝てば「史上最年少2冠」「史上最年少八段」に王手

穏やかに抱負を語る藤井聡太棋聖
穏やかに抱負を語る藤井聡太棋聖

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負の第3局が4~5日に神戸市で行われる。史上最年少タイトル獲得者と史上最年長初タイトル獲得者によるシリーズ。両者は3日、対局場となる有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」での検分に臨んだ後、それぞれ会見に出席した。ともに笑顔で温泉愛を語る「ぽっかぽか会見」となった。

 まるで湯船に入った瞬間のように幸せそうな笑顔を浮かべて、藤井は言った。「温泉が好きなので楽しみにしていました」。タイトル戦のリズムへの慣れか、タイトルホルダーとしての懐の深さか。適度な余裕を持って決戦前日に臨んでいた。

 場所柄、温泉に関する質問が集中したが、温かいリアクションを貫いた。「有馬温泉には家族旅行で来たことがあるのですが、当時まだ自分は2歳くらい。あまり記憶がないので今回は楽しみでした」。2日制対局だけに朝晩と入浴の機会がありそうだが「対局直後に温泉に入ることは今までなかったことですが、温泉に入ってリラックスして良い集中ができれば」と宣言。こだわりの入浴法はないそうだが「これから研究を深めていければ」と軽妙なジョークで笑いも誘った。

 終始リラックスした様子だったが、一夜明ければ大勝負を迎える。開幕2連勝と先行しており、第3局も制すと「史上最年少2冠」と「史上最年少八段」に一気の王手を掛ける。7番勝負での「3連勝4連敗」は将棋史に2度しかなく、圧倒的優位に立つ。「2日制対局を2局経験して感覚をつかめてきたので、第3局に生かせたら」

 最後に「有馬温泉を愛した豊臣秀吉の印象は?」とのムチャぶりも飛んできたが「予想しない質問ですが…豊臣秀吉は同じ愛知県出身で非常に戦略家という印象を持っています」と笑顔で切り返し。先手番の棋聖は、策士として天下統一を成した秀吉のような戦略を手にして戦いに臨むに違いない。ぬるま湯のような将棋を指すことだけは絶対にないだろう。(北野 新太)

 ◆有馬温泉 神戸市北区。日本書紀や万葉集にも記述がある日本最古の温泉。歴代天皇も愛した。1583年、戦の疲れを癒やしに訪れた豊臣秀吉が魅了され、1597~98年に大規模改修工事を指揮、現在につながる。鉄分や塩分を含む茶褐色の「金泉」は冷え性や腰痛などに、炭酸やラドン泉を含んだ無色透明の「銀泉」は高血圧などに効く。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請