芝田山広報部長、発熱があれば場所後も検査の方針

芝田山広報部長
芝田山広報部長

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は3日、報道陣の電話取材に応じ、7月場所後も力士ら協会員に発熱症状があれば、新型コロナウイルス抗原検査を受けさせる方針を示した。感染者ゼロで本場所15日間を乗り切った。

 この日も2人が同検査を受けて陰性が確認されたことを報告した同部長は、「引き続き発熱者には検査を行う。(場所後の)休み中は規制した中で行動してもらうが、どこで感染するかわからない」と説明した。

 秋場所番付発表は31日の予定。7月場所前と同様、協会は全力士にコロナ感染歴を調べる抗体検査を実施する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請