将棋の藤井聡太棋聖 有馬温泉での王位戦第3局の前日会見「温泉が好きなのでこれから研究を深めていけたら」

抱負を語る藤井聡太棋聖
抱負を語る藤井聡太棋聖

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負の第3局が4~5日に神戸市で行われる。両対局者は3日、対局場となる有馬温泉の老舗旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で検分に臨んだ後、それぞれ1人ずつ会見に出席した。

 2歳の時に訪れて以来の有馬温泉という藤井棋聖は「有馬温泉での対局ということで、温泉は好きなので楽しみにしてきました。対局の後に温泉に入るのはこれまでなかったのでリラックスできたらと思います。温泉は詳しくないので、これから研究を深めていけたら」と意外な温泉愛を告白。笑顔を見せると、対局に向け「準備してきましたので、良い状態で臨めるのかなと思います」と述べた。

 史上最年少タイトル獲得者と史上最年長初タイトル獲得者による注目のシリーズ。第3局は開幕2連勝と先行する藤井棋聖が「史上最年少2冠」と「史上最年少八段」への一気の王手を目指す一局になる。対する木村王位も豊島将之竜王・名人(30)に挑戦した前期、中の坊瑞苑での第4局で285手の激戦に勝利。開幕2連敗後の2連勝で初タイトル獲得への転換点としただけに、勝って流れに乗りたい。先手は藤井棋聖。第1、2局とも話題を集めた「封じ手」も再び注目される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請