【兵庫】プロ注目の西脇工・東田健臣、3試合連続完封で29回連続無失点、35奪三振

スポーツ報知
社打線を完封した西脇工・東田健臣

◆高校野球代替大会 ▽兵庫3回戦 西脇工6―0社(明石トーカロ)

 プロ注目左腕・西脇工の東田健臣(とうだ・けんしん)投手(3年)が、9回150球を投げ6安打無失点、7奪三振に抑え社に完封勝ちした。174センチの体からキレのある球を投げる東田は、高砂南との1回戦では、9回3安打無失点13奪三振。洲本との2回戦では延長11回3安打無失点15奪三振。3試合連続完封で29回連続無失点、35奪三振と好投を続けている。

 東田は直球とカットボールを軸に緩急をつけた投球で社打線を抑え「疲れはあったが、それがフォームとかみ合っていました。(相手が)高め直球を振ってくれたので、自分の持ち味が生きたと思う」と冷静に投球を振り返った。3回には守村大地三塁手(2年)と船曳恵矢捕手(3年)の適時打などで4点の援護があり「いいところで一本出て序盤に点を取ってくれたので、楽に投げられた」と仲間への感謝も忘れなかった。

 東田は進学の予定だが、視察に訪れた中日の山本スカウトは「昨年より投げ方が良くなった。丁寧に投げられている」と評価。無失点を続けるエースは「プレッシャーはそんなにないです。(無失点を)意識せず、試合のリズムを作っていきたい」と冷静だった。兵庫の代替大会は5回戦で打ち切られるが、どこまで0を並べるのか目が離せない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×