玉川徹氏、分科会メンバー釜萢敏氏に厳しい質問 羽鳥慎一アナ「激しい感じになったところも…」とフォロー

羽鳥慎一アナ
羽鳥慎一アナ

 3日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの新規感染者が全国で拡大していることを特集。新型コロナ対策分科会メンバーの釜萢敏氏がリモートで出演した。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は、釜萢氏に「僕らは専門家の人の意見を届けてほしいんですけど、必ず経済のバランスをとるっておっしゃるんですよ。それは政治が考えることであって、専門家の方が考えることではないと思うんです。しかし、必ずその話をおっしゃる。だから逆に不安になるんです」と疑問を投げかけた。

 これに釜萢氏は「緊急事態宣言を出した時のように、すべての生活に自粛をお願いすれば感染が抑えられることはわかっているわけです」としながら、「感染拡大の防止という観点から、それだけをお願いすれば我々は役目を果たせるんだろうかと、それだけでは具体的な解決策を提示したことにならないという風に考えています」と答えた。

 玉川氏はさらに「個人としてはどうですか? (政府の対策に)介入するなら早い方がいいと思うんですが」と質問。釜萢氏は「感染の拡大を防ぐという意味では有効な方法です。それ(緊急事態宣言などの対策)が取れないということも踏まえないと、国に対してしっかりした提言ができないという意識です」と返答した。

 すると玉川氏はさらに「どうしてですか?」とたたみかけるように追及。それに釜萢氏は「生活が立ちゆかなくなるからです」と即答し、感染者数が爆発的に増えた場合には「強いブレーキを踏まなければいけないということをお示しするのも役目だと思います。専門家の分科会として国にお願いすべきかというと、個人的にもそうは思っていません」とキッパリと語った。

 その後も釜萢氏に対して厳しい質問が飛ぶ場面があり、最後には羽鳥慎一アナウンサーが「ご出演いただきありがとうございました。ちょっとなかなか激しい感じになったところもありましたけれども、ご出演いただいたことには、私は感謝したいと思います」と釜萢氏に向かって話す場面もあった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請