「直撃!シンソウ坂上」来月いっぱいで終了 後番組は「千鳥のクセがスゴいネタGP」

坂上忍
坂上忍
ゴールデン帯で冠番組を持つことになった千鳥の大悟(左)とノブ
ゴールデン帯で冠番組を持つことになった千鳥の大悟(左)とノブ

 タレントの坂上忍(53)がMCを務めるフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)が9月いっぱいで終了し、10月からお笑いコンビ・千鳥の冠バラエティー「千鳥のクセがスゴいネタGP」がレギュラー放送されることが2日、分かった。

 「直撃!―」は2018年4月にスタート。世間を騒がせた人や事件の今を追跡・直撃する番組として人気になった。19年5月に放送された歌手・GACKT(47)が出演した回は世帯視聴率13・1%を記録するなど好調だった。

 しかしフジでは坂上がMCを務める昼の帯番組「バイキング」(月~金曜・前11時55分)の放送時間が10月から拡大することが決定。同局では「坂上どうぶつ王国」(金曜・後7時)も抱えており、今回の改編は坂上の負担を減らす狙いもあるとみられる。

 そこに参入するのが大ブレイク中の千鳥だ。「―クセがスゴいネタ」は今年5月30日の午後7~9時に単発放送された。ロバート・秋山竜次(41)らお笑い芸人53人が出演し、クセがスゴいネタを披露する濃い内容。世帯視聴率6・4%ながらも局内外で高い評価を受けた。

 千鳥はもともと深夜番組のイメージが強かったが、今年4月からはTBSでノブ(40)がMC、大悟(40)が解答者を務めるバラエティー番組「クイズ!THE違和感」(月曜・後8時)がスタート。ゴールデン帯(午後7~10時)でメインを張る存在になった。10月からはテレビ朝日で「テレビ千鳥」(日曜・後10時25分)、ノブがMCの「ノブナカなんなん?」(土曜・後10時25分)が相次いで始まるなど絶好調だ。

 フジの木曜午後9時は、かつて30年間「とんねるずのみなさんのおかげです/―でした」が放送されていたバラエティーの伝統枠。勢いに乗る千鳥が新たな歴史を作る。(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)

坂上忍
ゴールデン帯で冠番組を持つことになった千鳥の大悟(左)とノブ
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請