【メディカルNOW】新型コロナ 政府は司令塔不在、各自治体が独自対策

 7月16日、国会(参院予算委)に参考人として出席した東大先端科学技術センターの児玉龍彦名誉教授はこう言い切った。「責任者を明確にして、そのトップダウンで前向きの対策を直ちに始める。そうしないと来週は大変なことになる。来月は目を覆うようなことになる」

 この後、政府は対策を始めるどころか、「Go To トラベル」で人の往来を助長。連日のように過去最多の新規感染者が出ている。政府は無策、司令塔不在なのだ。

 代わって危機感を持つ自治体が感染拡大防止策を決めた。▼東京都は酒類を提供する飲食店とカラオケ店に午後10時までの時短営業を要請(期間は8月3~31日)▼愛知県は名古屋市の栄・錦地区の接待を伴う飲食店とカラオケ店に休業や午後8時までの時短営業を要請(5~24日)▼大阪府は大阪市ミナミ中心部の接待を伴う飲食店とカラオケ店に休業や午後8時までの時短営業を要請(6~20日)▼宮崎県は接待を伴う飲食店に休業、食事提供施設に午後8時までの時短営業を要請(1~16日)▼沖縄県は那覇市松山地域の接待を伴う飲食店に休業、那覇市内の飲食店に午後10時までの時短営業を要請(1~15日)。

 PCR検査を本人負担なしで実施する自治体もある。▼千葉市は7月から接待を伴う飲食店(約300軒)の従業員を対象に無料でPCR検査を実施▼東京の世田谷区は「いつでも誰でも何度でも」できるPCR検査を目指している。個人負担なしで1日3000件が目標という▼東京の足立区は竹の塚地区の接待を伴う飲食店(約90店)の従業員を対象にPCR検査を行う。最大450件で検査料は区が負担する。(医療ジャーナリスト・田中 皓)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請