【兵庫】明石商、投打のドラフト注目候補が実力発揮…来田涼斗3ラン&中森俊介4回7K0封

先発し、4回を7奪三振で無失点に抑えた明石商・中森俊介(カメラ・豊田 秀一)
先発し、4回を7奪三振で無失点に抑えた明石商・中森俊介(カメラ・豊田 秀一)

◆高校野球 兵庫代替大会 ▽3回戦 明石商7―0加古川東=7回コールド=(2日・高砂)

 兵庫では、今秋のドラフト上位候補として注目される明石商の投打の柱が、加古川東との3回戦で実力を発揮。来田(きた)涼斗外野手(3年)が高校通算34発目となる3ランを放つと、先発した中森俊介投手(3年)は、4回を7奪三振で無失点に抑えた。

 大黒柱が目覚めた。明石商・来田が今季公式戦2試合目で初の本塁打を放った。4点リードの6回無死一、二塁、初球の内角高め直球をフルスイング。高く舞い上がった白球は青空に吸い込まれ、スカウト陣も見失うほどだった。右翼フェンスの約10メートル先の芝生に着弾した3ラン。「内角のさばきが良くなった。(打った瞬間に入ると)思いました」と高校通算34号に笑みがこぼれた。

 2回には2死満塁で右前適時打など4打数2安打5打点の活躍で7回コールド勝ちに導いた。昨年甲子園で史上初の春夏連続初回先頭打者本塁打を記録。父・年正さん(51)も「小学校の頃からここぞという時の集中力がすごい」と認めるほど“大舞台”に強い男だ。

  • 6回無死一、二塁、明石商・来田涼斗がライトへ3ラン本塁打を放ち雄叫びを上げる(左は次打者の宮城光伸)(カメラ・豊田 秀一)

    6回無死一、二塁、明石商・来田涼斗がライトへ3ラン本塁打を放ち雄叫びを上げる(左は次打者の宮城光伸)(カメラ・豊田 秀一)

 「頼りがいのある打者」と来田を信頼する投の大黒柱・中森は先発で出場。4回2安打7奪三振無四死球の無失点に抑え、最速147キロをマークした。「無駄な力はなく投げられた」と、3回にはスイスイと3者三振を奪った。「制球重視がテーマ。三振は狙いに行かず、捕手の構えたところに投げた」と意識通りの投球だった。

 プロ7球団12人のスカウト陣が視察に訪れるなか、阪神・熊野スカウトは「(来田は)大舞台に強いのは持って生まれたもの」と称賛。巨人・岸スカウトは中森を「制球が魅力的。プロの投手と同じ技術を持っている。早くにも1軍で投げられる」と大絶賛した。

 公式戦は代替大会2試合(8強で打ち切り)と、甲子園交流試合の桐生第一戦の最大3つ。右腕は「甲子園では155キロ以上出せるように頑張りたい」と闘志を燃やしている。集大成を目指す、明石商コンビの勢いは止まらない。(森脇 瑠香)

全国の試合結果
先発し、4回を7奪三振で無失点に抑えた明石商・中森俊介(カメラ・豊田 秀一)
6回無死一、二塁、明石商・来田涼斗がライトへ3ラン本塁打を放ち雄叫びを上げる(左は次打者の宮城光伸)(カメラ・豊田 秀一)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請