秋山準が大鵬の孫・納谷幸男と王道伝承マッチ決定…仕掛け人は大仁田厚

7月6日に秋山準(中央)の合同練習に参加した納谷幸男(右)
7月6日に秋山準(中央)の合同練習に参加した納谷幸男(右)

 DDTプロレスリングの爆破甲子園実行委員会が主催する「STREET FIGHT CLUB」(8月25日・後楽園ホール)で、元全日本プロレス社長の秋山準(50)と昭和の大横綱・大鵬の孫・納谷幸男(25)がシングルマッチを行うことが2日、発表された。同大会は元参院議員の大仁田厚(62)がプロデュースする興行で、それぞれがツイッターでコメントを発表した。

 DDTプロレスリング・高木三四郎社長「納谷幸男が自分の体の使い方をマスターすれば本当に歴史が変わるような逸材になるかもしれません」

 大仁田厚「秋山さんありがとうございます。納谷選手は今のプロレス界にはない巨漢。しかし身体を活かせていない。ボコボコにしてでも!身体を大きく使うことを伝授してください。いまは分からなくとも、いつかありがたみが沁みる日が来る」

 納谷幸男「大仁田さん試合を組んで頂きありがとうございます。秋山さん、もっと自分にプロレスを教えて下さい」

 秋山準「高木社長からGOサインも出ましたので8/25行かせて頂きます。大仁田さんの仰る様に王道スタイルを貫かせて頂きます。宜しくお願い致します」

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請