女優の立石涼子さん、肺がんのため死去 68歳 蜷川作品に数多く出演

 女優の立石涼子さん(たていし・りょうこ、本名・立石凉子=たていし・りょうこ)が2日午前4時52分、肺がんで死去した。所属事務所が同日発表した。遺族の意向により、近親者のみで葬儀を行う予定。

 所属事務所によると、立石さんは2019年9月に体調を崩し、がんが発覚。手術や投薬治療を重ね、回復に努めていた。仕事復帰に意欲を燃やし、闘病生活を送っていたが、今年6月頃から徐々に病状が悪化したという。立石さんは今年4月、コロナ禍で中止となったリーディング公演「ポルノグラフィ」への出演を予定していた。

 所属事務所は「演劇関係をはじめお世話になった皆様、ファンの皆様、長い間、応援をありがとうございました。故人、遺族に代わりまして、心より御礼申し上げます」と悼んだ。

 立石さんは文学座研究所を経て、1976年から14年まで演劇集団円に所属。15年から芸能事務所「シス・カンパニー」に移り、舞台「日の浦姫物語」や「火のようにさみしい姉がいて」など蜷川幸雄演出作品に数多く出演。04年には紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞した。最後の舞台は19年の三浦春馬さん主演「罪と罰」だった。ドラマ「北の国から」「3年B組金八先生」などにも出演していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請