【広島】遠藤淳志、プロ初完投勝利で巨人戦連敗5でストップ 鈴木誠也2戦連発など大量援護

プロ初完投勝利を挙げ、歓声に応える遠藤淳志
プロ初完投勝利を挙げ、歓声に応える遠藤淳志

◆JERAセ・リーグ 巨人2―9広島(2日・東京ドーム)

 広島が巨人戦の連敗を5で止めた。今季2度目の巨人戦先発となった遠藤淳志投手(21)が5安打2失点でプロ初完投。140キロ台中盤ながら威力のある直球にチェンジアップ、カーブを織り交ぜ、無四球のおまけ付きで今季2勝目を挙げた。

 前回6月25日の対戦では5回3失点で勝敗つかず。この日は初回から鈴木誠の2戦連発となる11号2ランで先制点をもらい、3回2死二、三塁の打席では中前2点打でプロ初打点をマークして自ら援護。6回の長野の右前適時打、7回の西川の4号3ランも完投へ背中を押した。

 「完投は先発の理想像なのでうれしい。先輩たちが打ってくれたので楽に投げられました。ストライク先行で行けたのがよかった。(3回の打席は)なんとか自分で楽にしようという気持ちで立ちました」と笑顔の遠藤。

 佐々岡監督も「立ち上がりから低めに投げていて、真っすぐにスピードがあったしキレがあった。打(者有利な)カウントでも打者が差し込まれていたし内角も強気につけていた。日曜ということで早めの継投も頭にあったけれども、自信にしてくれればいい。(3回の適時打は)あそこで点が取れなかったら流れ的に厳しかったが、流れを持ってこれた」とバットでも貢献した右腕を絶賛した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請