桐生祥秀、陸上教室でメンタル伝授「2番でいいとは1ミリも思わない」 信じる気持ちが好結果の秘けつ…

 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が2日、オンライン上で陸上教室を行った。

 「高校陸上・ウィズアスリーツ・プロジェクト」の一環。試合への調整については「前日に100%を追い求め過ぎると疲れてしまうから、8割くらいで抑える」。レース本番での心構えについては「2番でいいとは1ミリも思わない。俺1番以外を考えたらいけない。1番とれるかなと思った時のレースは全然だめ。誰が横にいても1番と心に決めてスタートしている」とアドバイスした。

 今季は1日の北麓スプリント(山梨)で初戦を迎え、10秒04(追い風1・4メートル)の好記録で発進。次戦はセイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)に臨む。「初戦を終えて一段落した。次はトップスピードを意識したいと思う。今年は何本走れるか分からないので、1本1本、やりたいことを決めて走りたい」とうなずいた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請