【阪神】岩貞祐太、梶谷に開始10秒弾浴びて先制許す 前夜は甲子園10年ぶりの1試合5被弾

1回無死、梶谷隆幸に左中間へ先頭打者本塁打を打たれた岩貞祐太
1回無死、梶谷隆幸に左中間へ先頭打者本塁打を打たれた岩貞祐太

◆JERAセ・リーグ 阪神―DeNA(2日・甲子園)

 阪神・岩貞祐太投手(28)が、開始約10秒で失点した。

 初回。1番・梶谷に初球の142キロ直球をバックスクリーン左に運ばれた。白井球審がプレイボールをかけてから約10秒での先頭打者弾に甲子園は騒然となった。

 チームは1日の同カードでエース・西勇が4発を浴びるなど、甲子園では10年ぶりの1試合5被弾を食らったばかりだが、この日も“一発病”が早速顔を出した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請